やっくせんだいぶろぐ

日本宇宙少年団 仙台たなばた分団のリーダーたちが書いてます。
じこしょうかい
なまえ:日本宇宙少年団仙台たなばた分団(YACせんだい)
ねんれい:14歳
たんじょうび:2003年4月6日
仙台近辺の子供たちを対象に、
宇宙や科学についてのさまざまな活動を行っています。
ホームページ:http://www.yacsendai.com/
メールアドレス:mailaddress.png

2013年12月18日

望遠鏡を作ろう!

 皆様、こんにちは!12月活動担当者その4こと、ワタナベです。(活動したその日のうちにブログを書きたかったのですが、諸々の事情で現在に至ります。_| ̄|○)

 今月の活動は前日から雪が降り、当日も雪がちらついて(一時、吹雪いて)いた為か、開始時刻になっても団員が到着していない事態に内心ハラハラドキドキ……ですが、最終的には大勢の団員・保護者・リーダーに出席いただけたので、担当者一同、頑張った甲斐がありました!\(^O^)/

 さて、タイトルにありますように12月は「望遠鏡を作ろう!」をテーマに望遠鏡について学習しました。

 望遠鏡の種類やレンズの種類と言った基礎知識をはじめ、レンズと対象物の位置により見え方が異なり、見え方によって映像の名称が異なることを学習しました

 参加した団員の皆さん、ちゃんと覚えてますか〜?覚えていないと肉じゃが先生が泣いちゃうぞ〜。女の子を泣かせちゃ、いけないんだぞぉ〜〜。(笑)

 活動の後半で作成した望遠鏡は光学望遠鏡の一つ「ケプラー式望遠鏡」です。(望遠鏡の種類として、「光学望遠鏡」と「電波望遠鏡」を学習しましたが、「光学望遠鏡」にもいくつかの種類(反射式・屈折式・カタディオプトリック式)があります。)

 「ケプラー式望遠鏡」は対物レンズ、接眼レンズの両方に凸レンズを利用した屈折式望遠鏡です。倍率を高くしても視野が狭くならない利点があります。でも、問題もあります。

 完成した望遠鏡で皆さんにも確認してもらいましたが、「ケプラー式望遠鏡」を通すと上下左右が逆様に見えてしまうのです!(逆様に見える像は「倒立像」でしたね!これも覚えてますか〜?勉強しましたよ〜〜。)

 つまり、そのままでは地上での利用に向きません。地上での利用に適さないならば、「ケプラー式望遠鏡」はどんな時に使えば良いのでしょう?

     ・
     ・
     ・
     ・
     ・

 実は「ケプラー式望遠鏡」は「天体観測」向けの望遠鏡なのです!

 冬は星が綺麗に見える季節です。「日本宇宙少年団」の皆さん、自作した望遠鏡で是非、星空の観察もしてみてください(決して、昼間、太陽を観察してはいけません

 因みに、地上で「ケプラー式望遠鏡」を利用する時は、光路の途中に正立レンズや反射系を挿入し、正立像(逆様ではない映像。直立像とも呼ぶ。)が見えるように調整されています。

 それでは皆様、佳いお年をお迎えください

<業務連絡>
 2014年は2月から活動します。(1月は活動がお休みです。)


posted by YACせんだいリーダー at 19:11| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

2013年5月電気について学ぼう

こんにちは。ザシキワラシです。足

 5月の活動は「電気雷について学ぼう!」でした。講師として、東京の高校で先生の仕事をしていて、コズミックカレッジの講師を担当したこともある安川礼子先生にお願いしました。

 先ず、電気雷にはプラスとマイナスがあることから、話は始まりました。そして、静電気を感知する「はく検電器」をプラコップとアルミはくで製作しました。ストローをペーパーでこすってはく検電器に近づけると、はく検電器のアルミはくが開いて、ストローが静電気を帯びているのが分かりました。

 休憩喫茶店の後、アルミはくの上に果物を置いて、スプーンやフォークを果物にさし、電池として電子オルゴールを鳴らす実験を行いました。果物1個だけでは鳴りませんでしたが、複数の果物電池を直列につないで、電子オルゴールが鳴りました。るんるん人自身も直列につながれば電池になって電子オルゴールを鳴らせるのも確認しました。るんるん

 2度目の休憩喫茶店の後、備長炭のまわりに塩水を含んだ紙を巻き、そのまわりにアルミはくを巻いた電池を作りました。この電池は果物電池よりも電子オルゴールを鳴らしやすかったです。るんるん

 電子オルゴールがなかなか鳴らなくて苦労したところもありましたが、音は小さいながらもほとんどみんな鳴らすことができました。中には電池を何個もつないで電子オルゴールの音を大きくしていたところもありました。るんるん毎日普通に使っている電気雷について、別の側面から実感できたのではないでしょうか。

posted by YACせんだいリーダー at 22:12| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月03日

2013年4月活動「水ロケット制作/総会」

こんにちは!YAC仙台たなばた分団リーダーの清水です。
初めてブログ書かせていただいてます。どうぞよろしくお願いします!

5月、ぽかぽか陽気が気持ちいい季節になりました。晴れ
晴れた日には外に飛び出してどこかに行くのもいいですね。私もどこか遠くに行きたいです。笑

さてさて、先日4月21日に東北大学片平キャンパスで4月活動を行いました。
今回の活動は水ロケット製作。季節はずれの大雪雪にも関わらず、新しい団員さんがたくさん来てくれました。ありがとうございます!

1.5L炭酸ペットボトルと牛乳パックを使ってそれぞれ思い思いの水ロケットを作ってもらいました。
どうすればよりうまく遠くに飛ばせるかを考えて、尾翼の枚数や形、つける位置を変えてみたり、おもりの量を調節して重心の位置を考える子。デザインを重視して、テープの色を工夫したりペットボトルに素敵な絵を描いてくれた子もいました。
みんなの個性がでていて、見ていて面白かったです。

中には500mlペットボトルを使って、ちょっぴり難易度の高い水ロケット(通称=大人ロケット)に挑戦した人もいました。
私も水ロケットを初めて作ってみたのですが、なかなかきれいに作るのは難しく…
早く打ち上げてみたいですね。

それぞれの「自分特製水ロケット」、うまく飛ぶのでしょうか。
打ち上げは6月活動で行う予定です。お楽しみに!!

次回の活動は、5月5日です。そこでまたお会いしましょうー(長音記号2)
posted by YACせんだいリーダー at 13:31| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月01日

3月活動リーダー卒業式

おはようございます.
ご無沙汰しておりました,ホンマリオ(本間)です.

3月活動のブログを書く予定だったのですが,ばたばたしていて忘れていました...
おやおや...

「4月になりました,新しい一年の節目ですね.」と書こうとしていたのですが,
気がつけばもう5月(@_@;)
学生の皆さんは学年が一つ上がり,上の学年の先輩は卒業,下の学年の新しい後輩が入ってきたはずです.
授業も少しだけレベルアップし,新しい内容が入ってきます.
だんだんと,新しいことを経験し,すこしずつ大人になっていきます.
いろんな本をよんで,いろんな人と話して成長していけるといいですね!(^o^)
是非,今まで自分が興味のなかった新しい事にも触れてみてください.

さて,3月活動はリーダー卒業式を行いました.
大学生リーダーの,あてなり(内田)リーダーと,たかちゃん(尊子)リーダーが大学を卒業され,同時にリーダーも卒業されることになりました.
活動では卒業されるリーダーから大学でどんなことを学んだのか,これからどういう仕事をする予定なのかなど,濃いお話を聞くことができました.
また,講演後は,保護者サポート隊主催の茶話会が開かれました.
茶話会を通して,リーダーと団員,そして団員保護者との交流を深めることができました.
茶話会を開いてくださったサポート隊の皆様,ありがとうございました!

たなばた分団のムードメーカーが二人もいなくなってしまうのは寂しいですが,
二人とも,今後の活動に顔を出してきてくださることもあるそうなので,楽しみです.
お二人のご活躍をお祈りいたします!

575163_448839655195052_836781408_n.jpg
posted by YACせんだいリーダー at 10:13| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月21日

2月活動コズミック


みなさん、こんにちは!
YAC仙台たなばた分団リーダーの安川です。

先週の土曜日に行った2月活動は、ふれあいエスプ塩釜にてJAXAコズミックカレッジを行いました。
講師に東京都市大学 原子力研究所 の岡田往子先生をお招きして、放射線について講演、ワークショップをしていただきました。YACの小坂リーダーも宇宙と放射線についての講演を行いました。放射線はわかりやすく言うと光のなかまであることから始まり、放射線にはα線、β線、γ線、中性子線があります。放射線はビッグバンにより宇宙が誕生したときから存在しています。放射線は人工衛星にも影響を及ぼし、危険なものであると同時に、放射線を用いて太陽の表面の様子を詳しくみることができるなど、プラスの面もありました。
ワークショップでは放射線測定器はかるくんを使って、いろいろなものの放射線量を測りました。塩が意外と放射線量が高かったのには驚きました。霧箱を使って、放射線の通った跡も見ました。大気中に存在する放射線見ることができました。
先生の講演中や、最後の質問の時間には、みなさん手を挙げて質問をしていて、積極的に参加している姿が印象的でした。
また保護者の方も積極的に質問をしていただけて、うれしかったです。ありがとうございました。

また次回の活動時にみなさんに会えることを楽しみにしています!

DSC00414.JPG




posted by YACせんだいリーダー at 18:35| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

2013年1月活動「血液を調べよう!〜免疫の基礎の基礎〜」

こんにちは!
YAC仙台たなばた分団リーダーの どどどん こと山中です。

1月27日(日)に1月活動「血液を調べよう!〜免疫の基礎の基礎〜」を行いました。参加してくれた団員の皆さんは雪の中お越しいただきありがとうございました。
いつもの活動と違い、医学的な性格の強い実験でしたが楽しめていただけたでしょうか。

今回は血液型と抗原抗体反応についての講義の後、事前に用意しておいた血液を用いて団員のみんなにその血液型を判定してもらいました。
山口リーダーとわたくし山中の血液型を判定してもらったわけですが、なんと見事全員正解!医学的な実験には慣れていないはずなのに器具の使い方や試薬の扱いがみんな上手で驚きました晴れ

活動の中でもお話しましたが、今回みんなにやってもらった検査は赤血球の表面抗原を調べるオモテ試験と言われるものです。実際の医療現場では血漿中の抗体も調べるウラ試験もセットで行います。輸血を考えるときはこの他にも交差適合試験などもうちょっと難しいことも行う必要がありますが、今回の実験を通して血液についてかなり理解を深めてもらえたと思います!

友達と血液型の話題になったら
『へ〜A型なんだ。そしたら君は血漿中に抗B抗体をもっているんだね☆』
なんてさらっと言えばクラスの人気者間違いなし!!



・・・嘘です。



さて、実験のあとは抗原抗体反応を応用して免疫のお勉強もしました。
少し難しい内容の話題も含んでいましたが、みんなが目を輝かせてお話を聞いてくれていましたねひらめき
普段意識することはありませんが、人間は常に様々なばい菌やウイルスにさらされながら生きています。中には凶悪なばい菌もいるのにみんなが元気なままでいられるのは全部この免疫のおかげなんですね。

とはいっても免疫にも能力の限界があります。毎日のうがい手洗い、暖かくして寝ることは風邪予防の基本です!これから風邪やインフルエンザが流行りだすのでみんなも気をつけてくださいね!


来月は塩釜のふれあいエスプで放射線についての講演会を予定しています。
近くなりましたらまた案内を送りますので、もう少々お待ちください。

ではまた活動でお会いしましょう!
posted by YACせんだいリーダー at 22:00| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

3月活動リーダー卒業式

皆さんこんにちは.

仙台たなばた分団リーダーのしおがいです.
3月活動を行いましたので,皆さんに報告したいと思います.

仙台たなばた分団は学生リーダーが多いので,リーダーが大学を卒業してしまうと,多くの場合仙台を離れてしまいます.
このため,例年3月は卒業リーダーに大学生活等々をお話してもらい,最後にお別れ会をしています.

今年のリーダー卒業式では大学一年生のときから今までたなばた分団リーダーとして6年間頑張ってくれていた,三木リーダーと大野リーダーに講演をお願いしました.
三木リーダーは昨年まで東北大学理学研究科で勉強をしていました.昨年の地震の影響で卒業式ができなかったため,急遽今年度の卒業式に参加です.
現在は長野県塩尻市で特許に関する仕事をしています.塩尻市は仙台と同じくとても寒い地域の様です.

大野リーダーは東北大学理学研究科でニュートリノの研究で活躍していて,今年度から社会人一年生になります.
講演では,ニュートリノのわかりやすい説明,研究の苦労話,大学の生活などなど,団員の皆さんにとっては普段はなじみのない話で,面白かったのではないでしょうか.

講演会の後は団員の皆様,リーダー,保護者の皆様を交えて茶話会を行いました.
団員の皆さんからは「次の活動はこんなことしたい!」というような,活動ネタをいただきました.これからの活動の参考にしたいと思います.

次回4月活動は15日です.
今年度もどうぞよろしく!

しおがい
posted by YACせんだいリーダー at 16:16| 宮城 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

2月活動塩釜コズミック


ごぶさたしていました、本間です

先週の日曜日、塩釜エスプにて2月活動をおこないました。
今回はJAXAの馬渕さんが講師として来られ、真空実験をしました。

今回やった傘袋ロケットはリニューアル版で、ごぼうの袋を使用しているそうです。
簡単な作りですが、頭の重さを変えたり、フィン(羽)の向きや形をかえることで、飛翔物体の安定性について学ぶことができます。

ロケットには、重心と圧力中心というものがあり、重心は釣り合いの位置、圧力中心は空気の力が一番大きなところ(フィン部分)にあります。

この二つの中心が近いと飛翔物体は安定しなくなります。
また、2点が離れていると、安定します。
ただし、重心は前に、圧力中心は後ろになるようにつくります。

重心を前にしたときの様子は活動時に馬渕先生が実験された通りです(覚えているかな?)

「かざみどり効果」というものがあり、馬渕先生が最後のほうで鶏の道具を使って説明してらっしゃったでしょうか?ちょっと最後のほうを見逃してしまったのですが、もし気になったら調べてみてください。

水ロケットも同じです。
作る際に気をつけたいのが2つの中心。
水ロケットくらいのものであれば、ストリングテストというもので安定しているかどうか調べることができます。

本物のロケットはでかすぎてストリングテストをするわけにもいかない(やってたら怖いw)ので、風洞という装置を使います。

風洞といいますと、、、長くなりそうなのでやめておきます。
東北大の片平キャンパスにある風洞は全国の大学のなかでも屈指の性能を誇るそうです。
角田宇宙センターにもあって、これまた性能のいい風洞があります。調布にもあります。

ロケット開発に風洞はたいせつなんですね。

さておき、3月活動はリーダー卒業式、4月活動は電流と抵抗、5月活動は東北大の某研究室とお話を進めています。
保護者向けの総会準備もすこしずつ進めています、

そういえば、小坂リーダーはオーストラリアに1ヵ月短期留学しています。
彼は帰ってきたら、今度は僕と大学のプログラムで北京に研修に行きます。
帰国後報告できたらします。

では本間は実家(神奈川)に帰ります。
また3月活動でお会いしましょう。(^ω^)
DSC02777.jpg
posted by YACせんだいリーダー at 16:08| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

2012年1月活動報告

 新米リーダーのワタナベ(←読み間違い防止の為、敢えてカタカナ表記。一方で、漢字の間違いを引き起こす危険と隣あわせの行為。)です。

 2012年1月活動について報告いたします!今回は幼稚園生から中学生までと幅広い年齢層の団員の参加となりました。

イベント<2012年1月活動>イベント
活動名:分子模型 〜一億倍の世界をみてみよう〜
日時:平成24年1月22日(日) 13:00〜16:30
場所:東北大学流体科学研究所2号館大会議室

20120122.JPG

 「一億倍の世界をみてみよう」と言うことで、1月の活動では大きさの異なる4種類の発泡スチロール球を利用し、身の回りにある分子の模型を作成しました。

 出席した団員の皆さん、活動冒頭のリーダーからの質問を覚えていますか?

 私たちを構成している最小のモノは何でしょう?……答えは『原子』ですね。

 ですが、現実には一部の原子を除き、原子は単原子(原子が1個だけの状態)では存在していません。原子は他の原子と結び付いてはじめて安定した状態となり、物質としての性質を持つ事ができます。

 さて、ここでまた問題です?原子と原子が重なり合うように結び付いているモノは何という名前でしたでしょうか?(活動時に説明がありましたよ〜〜〜。)……答えは『分子』でしたよね?

<まとめ>
・原子…物質をつくっている最小の粒子(これ以上、分割出来ない)
・分子…物質の性質を持つ最小単位(2個以上の原子が結び付いている)

 微妙な違いが分かりましたか?

 最初の説明で基礎知識を身につけ、工作開始。はじめに酸素と窒素を作って基本の作り方をマスターしたところで、水と二酸化炭素の分子模型を作成しました。

 着色した発泡スチロール球が乾くのを待つ間に透明(?)ビニール袋で作った1m四方の立方体の中に分子を入れて空気中の分子の動きを再現したり、氷が水に浮く様子を分子模型で再現したりもしました。

 まとめでは人間→バッタ→ミジンコ→細胞→DNA→原子と大きさの比較をしながら原子の大きさを考えてみましたが、原子のサイズを感じることが出来た人はどれくらいいたでしょう???リーダーとしては全員に感じて欲しいところです。(そうそう、現実の世界に100mの巨人や1cmの小人がいない理由も説明がありましたが、覚えていますか?)

 最後の1時間は応用工作。リーダーが用意した3種類(エタノール、尿素、プロパン)の分子模型の手順書を見て、自由に分子模型を作成して貰いました。

 時間内に2つ以上作成した人も多く見られたので「時間が無くて1つも完成しなかった〜ふらふら」という事態にならずに済んでホッとしております。わーい(嬉しい顔)

 お持ち帰りした発泡スチロール球を使って、お家でも作ってみてくださいね!

 参加された皆様、お疲れ様でした!!また次回、お会いしましょう〜☆
posted by YACせんだいリーダー at 18:16| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

コズミックカレッジinつくば 活動報告


DSC02166.jpg

こんばんは。新リーダーの小坂明弘です。

この前新リーダーになったばかりなので、いろいろと経験を積もうと思い、11/5,6に行われたコズミックカレッジ「宇宙子どもWSinつくば」に参加して来ました。

コズミックカレッジ初参加ということで分からないことが多々ありましたが、何事もなく無事終えることが出来て良かったです。また、指導する立場としていろいろなことが学べて良かったです。
今回学んだことを分団活動でも活かせるように頑張ります!

個人的に今回初めてJAXAの施設に入ったのですが、「だいち」による画像の説明コーナーやお土産コーナーなどがあってまた行きたいな〜と思いました。

また機会があればこういったイベントに参加したいと思います。

これからよろしくお願いします!

  小坂
posted by YACせんだいリーダー at 19:46| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。