やっくせんだいぶろぐ

日本宇宙少年団 仙台たなばた分団のリーダーたちが書いてます。
じこしょうかい
なまえ:日本宇宙少年団仙台たなばた分団(YACせんだい)
ねんれい:14歳
たんじょうび:2003年4月6日
仙台近辺の子供たちを対象に、
宇宙や科学についてのさまざまな活動を行っています。
ホームページ:http://www.yacsendai.com/
メールアドレス:mailaddress.png

2005年08月05日

たなばた



 今週末は仙台七夕祭りですね。
でもYACのみんなはキャンプなのでお祭りには行けないけど。。

 そういえば、七夕といえば7月7日のはずだけど、仙台の七夕祭りは
どうして8月なんでしょう??

 答えを言っちゃうと、七夕は元々旧暦の7月7日のお祭りなんです。
旧暦の7月7日は今の8月にあるんですね。

 じゃあどうして旧暦の7月7日が七夕になったのでしょう??
ヒントは昔の人が作った短歌の中にあります。

"天(あめ)のうみに 雲の波たち 月のふね 星のはやしに 漕ぎかくるみゆ"

雲が波打つ天の大海に、月の船が浮かんで星の中を進んでいるよ(かなり意訳)、
という内容です。

 旧暦の7月7日頃、ちょうど月は三日月型で、船の形をしています。
そして7月7日にその船は織姫星のところを通り、次の日の夜に彦星に着くのです。

 昔の人たちは、織姫が三日月に乗って彦星に逢いに行っているんだろうなぁ、
と思っていたんですね。

 今年の旧暦7月7日は8月11日です。夜空を見上げて、織姫の乗った月の船を
眺めてみるのもいいかも知れません。

 もし雨が降っちゃったら、、一年ぶりに恋人に会えて、
織姫がうれし泣きしてるんだな、と思うことにしましょう。

 一年に一回のたいせつなデートが雨で中止なんて、寂しすぎますよね。


 あねはでした。


posted by YACせんだいリーダー at 21:00| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。