やっくせんだいぶろぐ

日本宇宙少年団 仙台たなばた分団のリーダーたちが書いてます。
じこしょうかい
なまえ:日本宇宙少年団仙台たなばた分団(YACせんだい)
ねんれい:14歳
たんじょうび:2003年4月6日
仙台近辺の子供たちを対象に、
宇宙や科学についてのさまざまな活動を行っています。
ホームページ:http://www.yacsendai.com/
メールアドレス:mailaddress.png

2016年09月26日

芋煮会♪

ワタナベ@燃え尽き症候群?です。

前日準備の睡眠不足が祟ったのか、帰宅するなり、寝落ち気付いたら、翌朝5時でした。

兎にも角にも、芋煮会にご参加くださった皆様、ありがとうございました&お疲れ様でした。


前日まで、安定しないお天気が続いていましたが、当日は夏日で暑いくらいでしたね参加者の皆様の日頃の行いの結果かも知れません。


最初は15〜20名程度の小規模(?)な会になる予定が、締め切り後の追加申し込みが相次ぎ、当日は31名の大所帯となりました〜(当日、急遽2名のキャンセルがありましたが、予期せぬ2名の飛び入り参加があり、採算が取れました。(笑)世の中、上手く出来ているものですね〜。)


不慣れな故に、至らぬ点も多かったかと思いますが、皆様、お楽しみいただけましたでしょうか?楽しんでいただけたなら、嬉しいです。


当日は料理の準備等でちょこちょこと動き回っていて、皆様とゆっくりお話しする時間が無かったのが、個人的に残念でしたが、考えてみると、いつもの事かも知れません……

料理にしても、つまみ食いをしていたので、空腹で倒れそうと言うような事態はありませんでしたが、後から思い返すと、食べていたような?食べていなかったような?


懐石料理などがそうですが、少しずつ食べると少量でもお腹が膨れるんですよね。一方、つまみ食いの結果、無意識に食べていた可能性もあります。


芋煮が出来るまでに、お腹がすくかなと思い、サイドメニューも用意しましたが、ご家庭からの差し入れもあり、肝心の芋煮が出来る前に、皆、満腹……


大鍋いっぱいの芋煮が消費出来ず、最後には通りかかった方の協力を経て、完食いたしました。


〆のうどんと余興のバウムクーヘンがお蔵入りになったのは完全に計算ミスです……(だって、30人分なんて作った事無かったんですもん!

「足りないよりは良い」と言っていただけたのを心の支えに、落ち込まない様にします。


運営側の裏話は山ほどありますが、ほぼ私の苦労話になりそうなので、省略。取り敢えず、我が家の炊飯器さんが大活躍してくださったことだけは確かです。


そうそう、炊飯器と言えば、炊き込みご飯を作ったお米の生産者様はちょっこーさんのご親戚の方なのです〜ちょこーさんのご親戚の方にも感謝ですね


また、今回、会場を提供してくださった「荒浜再生を願う会」の皆様には、本当に感謝・感謝です(因みに、あの場所は私有地or仙台市の土地ですので、自由に遊べる場所ではありません

たなばた分団の活動は、こうして、皆様に支えられています。
本当にありがとうございます。


10月活動は10/23(日)塩竃エスプにて開催です。
是非是非、ご参加ください

ではでは


posted by YACせんだいリーダー at 00:00| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。