やっくせんだいぶろぐ

日本宇宙少年団 仙台たなばた分団のリーダーたちが書いてます。
じこしょうかい
なまえ:日本宇宙少年団仙台たなばた分団(YACせんだい)
ねんれい:14歳
たんじょうび:2003年4月6日
仙台近辺の子供たちを対象に、
宇宙や科学についてのさまざまな活動を行っています。
ホームページ:http://www.yacsendai.com/
メールアドレス:mailaddress.png

2016年08月25日

大人の科学!?

ワタナベ@旅に出たいような?引きこもりたいような?です。

皆さんは、真逆の感情の間で板挟みになった事はありますか?
私は今、遠くに行きたいと言う気持ちと何もせずにボ〜ッとしていたいような気持ちの間で、ゆらゆらしています。

そのような訳で、目下、景色が綺麗な涼しい(←重要!)場所で、一日、ボ〜ッとしていられたら、至高の贅沢気分が味わえるのでは?と考えているところです。(←世間一般にはこれを逃避と言う……)

さて、本日、ご紹介するのは大人向けのイベントです。小学生には少し難しいかも知れませんが、中学生以上だったら、ちょっと背伸びをしてみるのも良いカモ知れません。

市民のためのサイエンス講座2016

日 時:9月3日(土)13:30〜16:30
場 所:東北大学川内キャンパス(文科系総合講義棟)
 ※会場に駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。

企画展「日本の火山噴火と火山災害」

場 所:文科系総合講義棟1階
参加費:無料

<展示概要>
・誰でもわかる火山学の基礎知識
・活動期?日本における最近の火山噴火
・知っていますか、日本の火山災害
・カルデラ噴火の恐怖
・こんなにあるのか宮城の活火山
・あっと驚く!仙台周辺に残る巨大火山噴火の痕跡 など

講演会「火山噴火の謎に迫る〜巨大地震と東北の噴火予知〜」

場 所:文科系総合講義棟2階(開場13:00)
参加費:無料 ※要・事前申し込み
定 員:先着300名

<講演内容>
13:50〜14:30 「巨大地震は噴火を誘発させるのか?」
 東北大学大学院理学研究科 西村 太志 教授

14:30〜15:10 「東北地方の火山は今」
 東北大学大学院理学研究科附属地震・噴火予知研究観測センター 三浦 哲 教授

15:30〜16:10 「噴火がもたらす気候への影響」
 東北大学大学院理学研究科 研究科長 早坂 忠裕 教授

詳しくはこちらから 
https://www.tohoku.ac.jp/japanese/2016/08/event20160809-01.html

実は身近な火山活動!?身の周りにある火山噴火の痕跡に触れれば、驚きの連続かも知れません。

ではでは〜☆


posted by YACせんだいリーダー at 12:25| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。