やっくせんだいぶろぐ

日本宇宙少年団 仙台たなばた分団のリーダーたちが書いてます。
じこしょうかい
なまえ:日本宇宙少年団仙台たなばた分団(YACせんだい)
ねんれい:14歳
たんじょうび:2003年4月6日
仙台近辺の子供たちを対象に、
宇宙や科学についてのさまざまな活動を行っています。
ホームページ:http://www.yacsendai.com/
メールアドレス:mailaddress.png

2006年09月18日

日本の翼

YS11.JPG

こんにちは。さっきぃです。

突然ですがこの飛行機見たこと・乗ったことありますか?

全長26.3m時速約444km、60(64)人乗りのプロペラ機。

彼の名前はYS11

戦後のGHQによる7年間の航空禁止によるブランクを乗り越えて、“5人のサムライ”
を中心に開発された日本初の国産旅客機です。

昭和27年(1952)開発が始まり昭和48年(1973)オイルショックによる生産打ち切りま
で、世界中に182機が羽ばたきました。

全盛期の1980年頃には国内線で77路線・416便に及び、日本の空を飛び回っていた
YS11も、老朽化や新型機の活躍により9月30日で残って
いる3機が引退して、旅客機としては日本の空から姿を消してしまいます。

先日、記念に福岡〜鹿児島まで、このYS11に乗りに行っ
てきました。

この機はJA8766。
日本航空機製造により1970年7月に新規登録され
・東亜航空 (1970/7〜)
・東亜国内航空 “とくのしま”号 (1971/5〜)
・日本エアシステム“とくのしま”号 (1988/4〜)
・日本エアーコミューター (1990/9〜)
と、36年にわたり飛び続けてきました。

ジェット機とは違うターボプロップの音や感覚、地上が近い窓の景色。初めての僕に
は全てが新鮮でした。


YS11の引退は残念ですが、近年、国産旅客機を開発する
計画も少しずつ進んでいるようです。

将来、日本の国産旅客機が再び日本中・世界中の空を飛ぶ日を夢見ています。。。

リーダーや団員の中の誰かが新たな“サムライ”になったなら、なお嬉しいで
す。。。。。


posted by YACせんだいリーダー at 00:00| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。